シリンダーヘッド(メインギャラ穴)のバリ取り自動化

加工箇所:ドリル加工後の交差穴バリ

導入効果

BEFORE

ツール
砥粒入りナイロンブラシ
問題点
バリ残りがあり、検品にも苦労していた。

AFTER

ツール
効果
バリが取れるだけでなく内径を綺麗に仕上げることができ、品質が上がり、検品の苦労がなくなった。

ワーク情報

業界
自動車
部品名
シリンダーヘッド(メインギャラ穴)
材質
ADC12
前加工
ドリル加工

加工条件

使用ツール
加工内容
ドリル加工後の交差穴バリ取り・内径研磨
回転速度(min-1)
7200
送り速度(mm/min)
2000
切込み量 (mm)
-
加工時間 (sec)
-

ソリューション・改善事例TOPへ

page top