コモンレールの表面研磨自動化

加工箇所:研削加工後のシール面

導入効果

BEFORE

ツール
サンドペーパー
問題点
加工後の面粗さが均一ではなく、歩留まりが悪かった。さらに、サンドペーパーの寿命が短いため、効率が悪く作業コストが高かった。

AFTER

ツール
効果
要求面粗度を短時間で安定して達成することができた。さらに、ペーパー交換に要する人件費20hを削減することができた。(生産量2,000本/月で、約70,000円/月を削減)

ワーク情報

業界
自動車
部品名
コモンレール
材質
S48C
前加工
研削加工

加工条件

使用ツール
加工内容
研削加工後のシール面研磨
回転速度(min-1)
3000
送り速度(mm/min)
-
切込み量 (mm)
4
加工時間 (sec)
-

ソリューション・改善事例TOPへ

page top