社名とロゴの由来

 XEBECはラテン語で、14世紀に地中海で活躍をした3本マストの帆船の事です。
この船は前の帆で風を集め、効率よく中心にあるメインの帆に送ってハイスピードで航海をした、当時としては画期的な設計の船でした。
我々は事業の推進に当たって『XEBECの3枚の帆』のように原料や材料を供給する素材メーカー、それを作って商品を作る製造業者、またその商品をお客様に紹介し届ける販売業者がそれぞれに高い技術やノウハウを持ちながら相互に協力してハイスピードで目的地(お客様の信頼と満足を得る)に向かうこと、企業内に於いては、株主、経営者、従業員がそれぞれの機能を十二分に果たすと共にお互いの役割を尊重し、立場を認めて一致協力し世の中に大きな価値を創出してゆくことを目指しております。
このような事業推進や経営上の考え方を『XEBEC』という社名に重ねて、当社の経営の基本としています。
 
ファウンダー 住吉 毅彦

ロゴについて


2012年6月3日、当社は創業17年を迎えました。
創業当時とは世界情勢も事業環境も変化しており、当社の経営基盤もメンバーも刷新されている今、独自性を維持しながらも変化をし続ける永続企業を目指し、コーポレート・アイデンティティ(CI)を策定しました。
 
本CIはXEBECの語源である帆船の“帆”のイメージとXEBECの“X”を融合しております。
先端の鋭さにより、時代を切り開き突き進む「先進性と意志の強さ」を。柔らかな曲線により、当社に関わる全ての皆様の協力を、時代の風と共に前進する力に変える「柔軟性と親しみやすさ」を表現致しました。
濃紺から青へ移り変わる配色は、突き進みながら創造する、新たな広がりある未来を象徴しております。
 
これからも、創業者の遺志と気概を継承し、時代を切り開く挑戦者として精進してまいります。
 
2012年6月3日

page top