M-Tech2015出展レポート

開催日
2015.06.24(WED) - 06.26(FRI)
  • 2015年6月24日(水)~26日(金)、東京ビッグサイトにて開催されました、第19回機械要素技術展(M-Tech)内「バリ取り・表面仕上げフェア」に出展いたしました。ご来場いただき、厚くお礼申し上げます。

M-Tech2015出展レポート

今回は「バリ取り・表面仕上げフェア」ということで、自動車を中心とした様々なワークを展示し、バリ取りの自動化を提案させていただきました。
ご興味をお持ちくださりありがとうございます。


【主な出展製品】
『XEBECブラシ表面用』・・・製品ページ
・高い研削力が安定・持続し、金型研磨の自動化に最適なツール
・HRC65までの幅広い被削材に対応可能

『XEBECブラシ内径・交差穴用』・・・製品ページ
・内径研磨自動化用ブラシ
・深穴に対応する1000mm長ツールも対応可能

『XEBECセラミック砥石マイスターフィニッシュ(R)』・・・製品ページ
・「二方向構造」のスティックタイプ、「組紐構造」の丸棒タイプの独自構造が優れた研磨性能を発揮
・HRC57以上にも対応するXEBECダイヤ、超音波工具で使用可能なXEBEC耐熱砥石、0.5mm角のペンシルタイプなど、多彩なラインナップを用意

『XEBECハンド工具用ツール』・・・製品ページ

 
【バリ取り自動化のご提案】

◎ご提案概要◎
・機内でバリ取りすることでコスト削減・品質安定・サイクルタイム短縮を実現
・多くのワークに採用されている実績と信頼性
・表面のみならず、加工が難しい内径・交差穴でのバリ取り自動化


また、当社ツールを使うことにより、バリ取りの自動化以外にも様々な改善効果が表れます。
・研削能力が高いXEBECブラシを使うことで刃物の寿命が改善
・高送りによるサイクルタイムの大幅な短縮
・ナイロンブラシからの変更におけるクーラントの汚れ改善


◎導入事例◎ 自動車部品/シリンダーヘッド エッジ部バリ取り&合わせ画面面粗度向上
http://www.xebec-tech.co.jp/japanese/news/detail/20150528_3.html

【研磨自動化のご提案】
XEBECブラシは金型研磨用のセラミック砥石をもとにした技術のため、シール面やオーリング溝など、面粗度を整える必要のある加工カ所においても、大きな効果を発揮します。

◎ご提案概要◎
・XEBECブラシを研磨用途に用いることで、コスト削減・品質安定・サイクルタイム短縮を実現
・SKDやSKHなど、高硬度材にも使用可能
・カスプやツールマークも効率的に除去
・Ra0.03μmも達成する研磨に最適なツール性能


【手作業効率化のご提案】
当社セラミックファイバーツールは、自動化のみならず手作業の改善にご利用いただけます。

◎ご提案概要◎
・セラミックファイバーを用いた独自ツールによるバリ取り・研磨の効率化
・独自構造のセラミック砥石、XEBECマイスターフィニッシュを用いた研磨の効率化
◎ご提案ツール◎
XEBECハンドツール専用 回転工具(M2P33STX)
http://www.xebec-tech.co.jp/japanese/news/detail/20150616.html

・バッテリー充電式のため持ち運びができ、場所を選ばず使用可能
・回転速度のデジタル表示機能搭載。適切な回転速度で効果や摩耗を調節可能
・下記ページ、ハンド表記のあるφ3シャンクの商品に対応
http://www.xebec-tech.co.jp/japanese/products/genre.html

【テスト用デモツール貸出中】
当社では、すぐにでもブラシをお試しいただきたい方のために貸出用のデモ機を用意いたしております。貸出をご希望の方は、以下よりバリ取り・研磨相談シートをダウンロードいただき、内容を全て記入の上、当社までメールもしくはFAXで送信願います。担当技術営業よりご提案ツールと合わせ詳細をご連絡させて頂きます。

その他、ご不明点、さらに詳しく話を聞きたい方は、当社営業部まで下記WEBフォームまたはTELにてお問い合わせください。担当者より折り返しご連絡差し上げます。その際、M-TECHのブース来場して頂いた旨をお伝え頂くとスムーズなご案内が可能です。(TEL:03-3239-3481)

当社は今後ともお客様のバリ取りや研磨等における問題解決に全力を傾けてまいります。次回の展示会の際も是非当社ブースでのご提案にご期待ください!

このイベント・セミナーに
関するお問合せ先

株式会社 ジーベックテクノロジー

〒102-0083 東京都千代田区麹町 1-7-25 フェルテ麹町 1・7 8 階
TEL.03-3239-3481
FAX.03-5211-8964

ニュースTOPへ

page top

page top