【新製品】「XEBEC裏バリカッター&パス」 発売

PRODUCT

2016.06.22

アプローチが不可能、プログラミングが困難、そんな理由で自動化を諦め、手作業で行っていた裏バリ取り。
ジーベックテクノロジーはこのたび、「裏バリ取り」の常識を変える新製品を発売しました。

当社は、6月22日に直交交差・偏心交差時の裏バリ抜けバリ短時間で高品質に除去するツール、
「XEBEC裏バリカッター&パス」を発売致します。

裏バリ取り専用に開発された球面カッターと、指定穴径に応じた点群データをご提供することで、高品質なバリ取りが可能です。
最小穴径φ2mmから対応しております。

(特長)

  ① 高品質・・・指定した加工幅に合った切込み量が演算され、均一な加工形状でバリ取り
  ② 短時間加工・・・輪郭動作で最短ルートのバリ取り
  ③ 長寿命・・・被削材に接触するポイントを変化させながら、切れ刃全体を使ってバリ取り

詳細はWEBページをご覧ください。

本製品はお客様のワーク寸法に適したツールを選定し、
指定穴径に応じたバリ取りの点群データを生成して提供するものになります。
ご購入の際は、SUPPORT:注文方法より「XEBEC裏バリカッター用パス 注文コード依頼シート」を入手して頂き、
必要事項をご記入頂いた上で直接もしくは販売店様経由で当社へ送付ください。

メール(soudan@xebec-tech.co.jp)もしくはFAX(03-5211-8964)でご連絡ください。

6月22日から開催される第20回機械要素技術展(M-tech東京)にて、
通常3万円の点群データを、展示会場で配布する専用シートでご注文頂いた先着100名のお客様に無料でご提供するキャンペーン
を実施します。
ドリル加工によって発生した交差穴のバリ取りにお困りのお客様は、是非当社ブースまでお立ちよりください。

3分で分かる! XEBEC裏バリカッター&パスについて

加工動画

直交交差のドリル入り側のバリ・抜け側のバリ(裏バリ)

材質:SUS304、1次穴径:φ20、2次穴径:φ20、使用ツール:XC-58-A、回転数:6000min-1、送り速度:1200mm/min


偏心交差のドリル入り側のバリ・抜け側のバリ(裏バリ)

材質:SUS304、1次穴径:φ20、2次穴径:φ16、使用ツール:XC-58-A、回転数:6000min-1、送り速度:1200mm/min


平面穴のドリル入り側のバリ・抜け側のバリ(裏バリ)

材質:A5052、1次穴径:φ2、使用ツール:XC-58-A、回転数:6000min-1、送り速度:1200mm/min


平面穴のドリル入り側のバリ・抜け側のバリ(裏バリ)1次穴径φ2mm

材質:A5052、1次穴径:φ2、使用ツール:XC-18-A、回転数:18000min-1、送り速度:600mm/min


製造現場ドットコムにて、「XEBEC裏バリカッター&パス」発売開始の記事を掲載していただきました。

本件に関するお問合せ先

株式会社 ジーベックテクノロジー 営業部

〒102-0083 東京都千代田区麹町 1-7-25 フェルテ麹町 1・7 8 階
TEL.03-3239-3481
FAX.03-5211-8964

ニュースTOPへ

page top