XEBECストーン 弾性シャフトタイプ

交差穴バリ取りツール セラミック砥石タイプ

XEBECストーン 弾性シャフトタイプについて

  • 独自素材のセラミックファイバーを研磨材に使用
  • ヘッド部分にセラミック砥石を用いることで、切れ刃を全面に
  • シャフト部にばね鋼を採用して工作物への当たりを柔らかくし、加工時のビビリを抑制
  • マシニングセンタやロボットだけでなく、電動回転工具に取り付けて手作業でも使用可能
  • エッジ品質を保ち、2次バリを発生させることなくピンポイントでバリ取りが可能 
 ※当社製品に「リフラクトリーセラミックファイバー(耐火性セラミック繊維 RCF)」は含有いたしません。



用途・採用事例

対象バリサイズ・対象材質

  • 対象となるバリサイズは根元厚みが0.1mm以下の微細バリ(爪で折れる程度)
  • 対象となる工作物の材質はHRC65以下
  • アルミ、一般鉄から鋳鉄や高硬度材、SUSやインコネルなどの難削材にも対応

対象加工箇所

  • 全面に研削力があるため、砥石を当てることができれば、様々なバリ取りが可能。
  • 球状タイプは押し当てることで穴口元のバリをピンポイントで加工
  • 球状タイプはコンタリング加工後で抜けバリ(裏バリ)取りも可能
  • 円柱タイプは止まり穴のバリ取りに効果的
  • 各種成形金型(特にプラスチック金型)のランナー部の精密研磨にも最適なツール

採用事例

page top