FAQよくあるご質問

XEBECブラシ 表面用

XEBECブラシ 表面用

砥粒は何を使っていますか?

砥粒は使っていません。セラミックファイバーが研磨材です。
製品詳細は、PRODUCTSページをご覧ください。

どのように使うのですか?

カップ型ブラシは、スリーブシャンク部をマシニングセンタなどのATC(自動ツールチェンジャー)に取り付けて、
ツールを回転させて切削加工後のバリを機内で除去します。
ロボットや専用機、ボール盤でも使用可能です。
エンド型ブラシは、電動工具(または工作機械)に取り付けて使用します。エアー回転工具では使用できません。
使用方法については、SUPPORTページをご覧ください。

バリ根元厚さ0.1㎜とはどれくらいですか?

爪で押して折れる程度のバリが当社ツールのターゲットです。

加工条件はどのように設定すればいいですか?

回転速度、切込み量、送り速度の3つの条件と、ブラシ回転方向とブラシ突出し量の2つの条件、
合わせて5つの推奨初期条件表をご用意しております。
加工条件設定方法については、SUPPORTページをご覧ください。

面取り加工、エッジのダラしはできますか?

カップ型ブラシによる加工で、エッジをダラすことが可能です。
詳細はこちらをご覧ください。

湿式でも使用できますか?

乾式でも、湿式(油性、水溶性とも可)でも加工出来ますので、切削加工で使用するクーラントをそのまま使用することができます。
なお、湿式加工の方が面が綺麗に仕上がり、ツール寿命が改善する傾向があります。

ブラシにより面に影響はありませんか?

表面仕上げもできるブラシで、面粗度Ra=0.1μm程度まで向上させることができます。
金型研磨用セラミック砥石の技術を応用したブラシであり、砥粒を使っていないためスクラッチが入ることがありません。
*ブラシ目は付きます。
ただし、アルミをダイヤモンドカッターで仕上げた面に対しては、ブラシ目により外観が曇ったような状態になることもあります。

表面用ブラシの粗さはそれぞれ番手でどれぐらいになりますか?

XEBECブラシには番手という定義はありませんが、Ra0.1μm程度まで仕上げることが可能です。

ツール寿命はどのくらいですか?

加工条件、バリの状態(大きさ、向き)やワーク材質などで数千個~数万個と大きく変わります。
実例として、外周1mのオイルパン(材質:アルミ)のフライス加工後のバリ取りにおいて、
10,000ワーク/本(直線距離で10,000m=10㎞)があります。

手作業で使うことは可能ですか?

エンド型ブラシは電動回転工具で使うことができます。エアー回転工具では、線材が折れるため使用できません。
カップ型ブラシは、適正値で切込むことができないため、手作業で使うと最適なバリ取り・研磨を行うことができません。

ブラシの洗浄はどのようにすればいいですか?

軽く水洗いの上、エアブローなどで付着した塵やクーラントを飛ばしてください。

ブラシが偏摩耗してしまいます。

推奨値を超えるブラシ突出し量、切込み量で使用した場合、ブラシが偏摩耗する場合があります。
偏摩耗したブラシは、ダイヤの電着砥石を用いて成形することが可能です。
詳しくは、SUPPORTページをご覧ください。

ツルーイング、ドレッシング方法を教えてください。

ダイヤの電着砥石を用いて成形することが可能です。
詳しくは、SUPPORTページをご覧ください。

ブラシの再研磨(ツルーイング)、再埋め込みをお願いすることはできますか?

再研磨、再埋め込みは対応しておりません。再研磨については、ダイヤの電着砥石を用いて成形することが可能です。
詳しくは、SUPPORTページのメンテナンスをご覧ください。

スリーブ止めねじのみ購入したいのですが?

当社純正品のご使用を推奨しております。部品のみのご購入も可能ですのでお問い合わせください。

スリーブ外筒部先端が薄くなってきたのですが?

長期間の使用によりブラシ側面で外筒部の先端内面部が研磨され薄くなってきます。スリーブの交換をお願い致します。
また、スリーブ外筒単体の購入も可能ですのでお問い合わせください。

ツール長の短いものは製作できますか?

ブラシについては、線材部を通常品より短いものに追加工することが可能です。
金属部(スリーブ・シャンク)は、対応することができません。

特注品は対応できますか?

線材部を標準品より延長・カットする、線材部先端形状を変更するなどは対応することができます。
詳細については、お問い合わせください。

XEBECフロートホルダー

XEBECフロートホルダー

「XEBECフロートホルダー」は必要ですか?

「XEBECフロートホルダー」はオプションツールです。
「XEBECブラシ 表面用」は機械にそのまま取り付けても使用することができます。

量産ラインでのフロートホルダー使用により、次のような効果があります。
①ブラシ摩耗による切込み量、線材突出し量の補正回数を低減(実績例:1/18に削減)
②ツール寿命を延長(実績例:4倍に延長)
③エッジ品質を安定

シャンク径は?

ストレートシャンクタイプは、φ6mm、15mm、φ25mm、φ40mmブラシに対応したFH-ST12-SL10のシャンク径がφ12mm、
φ60mm、φ100mmブラシに対応したFH-ST20がφ20mmになります。

ボール盤からNC旋盤まで幅広い機械に装着可能です。他に、マシニングセンタ専用のBT30、BT40 タイプがあります。
詳細なランナップについては、SUPPORTページをご覧ください。

ツーリング一体型はBT30、BT40のみですか?

BT50、HSK用についてはお問い合わせください。

ストレートシャンクタイプはどのように取り付けますか?

ミーリングチャック、ドリルチャック等で機械装置に取り付けできます。
使用方法については、SUPPORTページをご覧ください。

荷重は変えられますか?

全てのラインナップで荷重を変えることが可能です。
FH-ST12は、荷重の異なる3種類のばねを同梱しておりますので、仕上げ品質に合わせて交換することができます。
荷重については、SUPPORTページをご覧ください。

湿式でも使用できますか?

乾式、湿式どちらでも使用可能です。
ただし、ツールリングには貫通穴付きのプルボルト(センタースルー方式)を使用しないでください。
ホルダー内部に高圧のクーラントが入ると、フロート部が動作しなくなります。

また、サイドからクーラントをかける場合は、ブラシ先端にかけ、「XEBECフロートホルダー」に直接かけないでください。
「XEBECフロートホルダー」上部の気抜き穴よりクーラントが浸入し、フロート動作が重くなる場合があります。
FH-ST12については、防塵カバーも用意しております。お問い合わせください。

横型マシニングセンタで使う場合の注意点はありますか?

「XEBECフロートホルダー」を横にして使用する場合(横形マシニングセンタ)、
ばね荷重が弱いとフロート機能が作動しない場合があります。
FH-ST12-SL10については、高荷重用ばねに交換し、動作確認の上ご使用ください。

FH-ST20は横型マシニングセンタでは使用することができません。

フロート動作が重くなった場合の対応は?

内部にスラッジが混入した可能性があります。
ばね交換同様に分解して頂いた上で、内部をグリスアップしてください。
メンテナンスについては、SUPPORTページをご覧ください。

FH-ST12については、スラッジの混入を防ぐ防塵カバーも用意しております。お問い合わせください。

XEBEC裏バリカッター&パス

XEBEC裏バリカッター&パス

なぜ寿命が長いのですか?

①必要最小限の切込みをコントロールできるためです。
②被削材に接触するポイントを変化させながら、切れ刃全体を使用するためです。
③素材やコーティング、品質にこだわった独自設計のカッターを使用するためです。

寿命はどれくらいですか?

工作物や治具などの剛性、加工の精度、バリの大きさなどにもよりますが、コンディションの良い状態での社内テストでは、超硬エンドミルで言われる一般的な寿命の数倍は持ちます。

刃先先端カットやシャンクカットは可能ですか?

当社では対応しておりませんので、お客様での加工をお願いしております。

再研磨可能ですか?

イニシャル径以外のカッターパスは出力できないため、再研磨には対応しておりません。

再研磨してもいいですか?

パスはイニシャルの径で出力されますので、エッジに当たらなくなります。

対象の被削材は?

アルミニウム合金などの非鉄金属をはじめ、ステンレス鋼や合金鋼などの難削材にも対応しています。

アルミニウム合金での使用も可能ですか?

社内テストでは、構成刃先を生じずに加工できております。

焼入鋼も対応できますか?被削材の硬度上限はありますか?

高硬度材で試験は行っておりません。

フタバリも取れますか?

硬さにもよりますが、対応可能です。
社内テストでは問題なく取れました。

対応可能なバリの大きさはどれくいですか?

バリの根元厚さが、使用するカッターパスの設定加工幅以下であれば対応可能です。
加工幅は5種類ありますので、WEBもしくは、カタログをご確認ください。

推奨の切削油(クーラント)を教えてください。

特に指定はありませんが、他の切削工具(ドリル、エンドミルなど)でお使いの切削油を使って頂ければ問題ありません。

断続部の加工はOKですか?

他の刃物同様、断続切削の場合寿命が極端に短くなります。

カエリは出ませんか?

切削加工ですので厳密には出ていると思いますが、切れ味が良いため、カッターの摩耗が進むまではカエリと感じるものまで成長しません。

カッターの精度、公差をお教えください。

あくまでバリ取り専用のカッターですので、曲面精度を保証できる公差ではありません。

1本から購入できますか?

購入可能です。

カッターだけの購入はできますか?

可能です。
当社がご提供するカッターパスとの併用で、品質や寿命で最大限の効果を発揮しますので、カッターパスとの併用をおすすめします。

加工条件に制限はありますか?

あります。
WEBもしくは、カタログの加工条件表をご確認ください。

基準の回転速度まで上がらない機械を使用するときの加工条件はどのように設定すると良いですか?

回転速度が上がらなければ、その比率で送り量を下げて頂ければ、問題ありません。

5種類の加工幅以外にも加工幅を指定できますか?

対応しておりません。

加工幅の精度はどれくらいですか?

加工幅はワークの位置ズレやカッターの逃げなどで大きく変化します。
理論的には0.05mm以内で収まるようになっています。

なぜ加工幅が均一になるのですか?

加工幅が均一になる工具位置を算出しているため。

表側が平面で内径は円筒でも使用できますか?

平面穴、交差穴どちらにも対応しておりますので、それぞれのカッターパスを組み合わせてお使いください。

穴の抜け側が素材面の場合は使用できますか?

対象のエッジがバラつくと、バリ残りや工具折損などが生じます。

加工した穴の寸法径にバラツキがあるのですが。

バラツキの具合によりますが、バリ残りが生じたり、場合によっては工具折損する可能性があります。

穴の位置がズレてしまった場合はどうなりますか?

累積誤差が最大で0.04mm以下でご使用ください。
カッター径ごとの累計誤差の範囲はWEBカタログに記載されていますのでご確認ください。
累積誤差を超えて使用すると、バリ残りや折損などが生じる可能性があります。

パスの使用期限はありますか?

ありません。

カッターパスは他社の同径のカッターに使用できますか?

カッターパスは当社カッターを使用することを条件としておりますので、他社のカッターはご使用になれません。

三角関数やCAD/CAMで生成したパスとどのような違いがありますか?

三角関数での製作の場合、穴の組合せによっては加工幅の差がミリ単位になる場合もあります。
CAD/CAMでのパス出力は長時間の作業となりますし、加工幅を変更したい場合は、やり直しとなります。

カッターパスをCD以外(メールなど)で欲しい場合は対応可能ですか?

基本的にはCDで納品させていただいております。
ドライブの関係上、CDが使用できない場合は別途対応いたしますのでお問い合わせください。

カッターパスの座標調整は可能ですか?

インクレメンタル用の点群データを使用し、スタートポイントの修正を行っていただければ可能です。

点郡データの加工は特別な機能を使用したりしますか?

点郡プログラムかつ送り速度も速い加工のため、先行制御機能による加工を推奨します。

1つのプログラム容量は何m(何KB)ですか?

一般的なものは5KB以下での提供です。

パスの行数は何行ですか?

1次穴の直径φ20mm、2次穴の直径φ10mmの場合で、プログラムブロック数は約80行、プログラム容量は2KB程度になります。
1次穴と2次穴の組合せによっては、プログラムブロック数が約2倍程度になる場合もございます。

プログラムのファイル形式は何ですか?

「.txt」形式でご提供いたします。
パソコンの一般的なドキュメントソフトで編集できます。

提供されるプログラムの中身はどのようになっていますか?
プログラム番号(O番号)やその他の準備機能(Gコード)、補助機能(Mコード)などは記入されていますか?

点群データ(XYZ軸の座標)のみで提供します。
使用方法によって、O番号やGコード、Mコードなどの追加をお願いします。
また、提供するプログラムには送り速度指令(Fコード)も入っておりませんのでご注意ください。

XEBECブラシ 内径・交差穴用

XEBECブラシ 内径・交差穴用

回転速度はどのくらい必要ですか?

推奨条件で8000~10000min-1程度回転速度が必要です。

「XEBECブラシ 内径・交差穴用」は、先端に高い研削力があるため、
加工面(バリ発生部位)にブラシ先端を当てる必要があります。
そのため、内径の加工においては、回転させて遠心力でブラシを拡げる必要があります。
使用可能回転速度については、SUPPORTページをご覧ください。

回転装置は何を使用すればいいですか?

マシニングセンタや専用機で使用できますが、8000~12000minmin-1の回転速度が必要です。
回転が上がらない場合は、増速スピンドルを用いて回転速度を上げてください。

どの位までのバリ(大きさ)がとれますか?

根元厚み0.1mm以下の微細バリ(爪で押して折れる程度)を対象としています。

どんなワーク材質を加工できますか?

ステンレス、アルミニウム合金、一般鋼材、銅等HRC65以下の金属が対象となります。

加工可能な穴径は?

1次穴径でφ3.5mm~φ20mmを対象としています。

対象1次加工穴径(φ3.5mm)より小さい穴で使うことはできませんか?

ブラシのため、先端が多少拡がっており、安全をみて対象径を大きめに設定しております。
穴の中にブラシが挿入できれば、一定の効果を発揮することができます。*研削力は落ちる可能性があります。

通常、ブラシをワークに挿入する際は無回転での挿入を推奨していますが、
対象径以下で使用したい場合は300minmin-1程度に回転させることでブラシ先端がまとまり、
対象穴径より小さい穴にも挿入できる場合があります。
また、穴の口元に面取り加工がある場合は、ブラシが挿入しやすくなるため、φ3mmでも対応できる場合があります。

加工後の面粗度は?

Ra0.1μm程度になります。

バリ取り後の1次穴の内径寸法に影響はありませんか?

材質、加工条件にもよりますが、径で数μm程度は削る可能性があります。

湿式(油)でも問題ありませんか?

乾式でも、湿式(油性、水溶性とも可)でも加工出来ますので、切削加工で使用するクーラントをそのまま使用することができます。
なお、湿式加工の方が面が綺麗に仕上がり、ツール寿命が改善する傾向があります。

加工に伴いブラシ形状が崩れないですか?

ナイロン線材、ワイヤー線材のような加工に伴ったブラシの形状変化はありません。
製品詳細は、PRODUCTSページをご覧ください。

交差穴に対して上下どれだけ動かせばいいですか?

交差穴に対して上下+1mm以上ブラシを動かして使用している事例が多いです。
ブラシが短くなったら、補正を入れてください。

寿命はどの位(ワークは何個加工できるのか)ですか?

φ5ブラシで、アルミワークで約10,000穴、S45Cワークで約4,500穴という実績があります。
寿命はダイヤモンド砥粒入りナイロンブラシの7倍以上です。

ツール寿命はどこで判断したらいいですか?

先端外周部の10mm摩耗が交換の目安です。
回転速度を上げることで、寿命を延ばすことが可能です。
10mm摩耗時に必要な回転速度については、SUPPORTページをご覧ください。

寿命管理はどのようにすればいいですか?

個数管理になります。テストにてバリが取り切れなくなる個数を把握し、その値の80%程度を見て管理されている事例が多いです。

対象径の範囲内で使用したが、ブラシが折損してしまった。

1次穴径に対して2次穴径の開口率が50%(ex.1次穴φ20、2次穴φ15)以上、
または偏心している(破れ穴)の場合、穴の形状によってはブラシが折損する恐れがあります。
ブラシ先端の挙動に注意しながら初期テストを実施し、折損が起こらないことを確認してご使用ください。

ブラシの洗浄はどのようにすればいいですか?

軽く水洗いの上、エアブローなどで付着した塵やクーラントを飛ばしてください。

ブラシの再研磨(ツルーイング)、再埋め込みはできますか?

再研磨、再埋め込みは対応しておりません。再研磨については、ダイヤの電着砥石を用いて成形することが可能です。
詳しくは、SUPPORTページをご覧ください。

φ1.5以下のブラシは製作できませんか?

製作することができません。
φ1.5のCH-A12-1.5Mは線材本数が7本程度で、これより線材数を少なくすると研削力が落ちてしまうため、
製作品での効果は見込めません。

特注品は対応できますか?

線材部を標準品より延長・カットする、線材部先端形状を変更するなどは対応することができます。
詳細については、お問い合わせください。

XEBECストーン 弾性シャフトタイプ

XEBECストーン 弾性シャフトタイプ

砥石は何で出来ているのですか?

金型研磨用のセラミック砥石になります。砥石部の全面に研削力があります。

どんなワーク材質を加工できますか?

ステンレス、アルミニウム合金、一般鋼材、銅等HRC57以下の金属と樹脂が対象です。

二次加工穴からバリ取りできますか?

手作業での使用であれば、コンタリング加工(抜けバリ取り)をしている事例があります。

エアー工具でも使えますか?

使うことができません。
エアー回転工具で使用するとシャフト部が折れますので、必ず回転速度の調整できる電動回転工具で使用してください。
なお、最高使用回転速度はφ3:15000minmin-1、φ4:13000minmin-1、φ5:12000minmin-1、φ6:10000minmin-1、φ10:6000minmin-1です。
使用方法については、SUPPORTページをご覧ください。

砥石部のサイズラインナップは?

球状タイプは、Φ3mm、φ4mm、φ5mm、φ6mm、φ10mmの5種類になります。
円柱状タイプは、φ3mm、φ4mm、φ5mm、φ6mmの4種類になります。
詳しいランナップは、SUPPORTページをご覧ください。

番手の指定はできますか?

規格の3番手(#220相当、#400相当、#800相当)からお選びください。

寿命はどの位ですか?

当社のテストデータで、弾性軸付き砥石の30倍以上、ビトリファイド軸付き砥石の10倍以上の寿命を実現します。

φ3以下の砥石は製作できますか?

球状タイプ、円柱状ともにφ1.9mmを特注品で製作可能です。*球状タイプは真球ではなく、俵形状になります。
ただし、シャフト部がφ1.5mmのため、シャフト埋め込み部が砥石のほとんどを占めることになるため、加工可能数量は少なくなります。

特注品は対応できますか?

規格品の先端砥石形状変更、シャフト部の延長(~150mm)など対応できますので、詳細についてはお問い合わせください。

XEBECセラミック砥石

XEBECマイスターフィニッシュ

折れませんか?

セラミックファイバーを樹脂で固めており、「折れ」「割れ」「欠け」に強い砥石です。

どうして目詰りしにくいのですか?

自生作用(研磨することで先端の切れ刃を常に再生する作用)が働くからです。

対象加工ワークは?

HRC57未満の金属全般で、金型材で言えば、NAK80、STAVAX、S45C等です。
*HRC57以上の高硬度素材(焼入鋼から超硬まで)には、「XEBECダイヤ」をお使いください。
製品詳細は、PRODUCTSページをご覧ください。

どのように使うのですか?

砥石の先端に研削力があります。
砥石の先端をワークに対して一定角度を付けて研磨します。
(ワーク面との角度は、約5~45度が効果的です。)
使用方法については、SUPPORTページをご覧ください。

砥石の側面(ハラ)は使えますか?

砥石の側面(ハラ)には研削力がございません。先端をワークに対して一定角度を付けて研磨してください。

振動工具で使用できますか?

超音波、エアー、電動工具で使用できます。
*超音波工具使用時は超音波工具用に開発された「XEBEC耐熱砥石」がお勧めです。
使用方法については、SUPPORTページをご覧ください。

油をつけて使用できますか?

水溶性、油性の研削液、灯油等でも使用できます。乾式研磨より、研磨効率が上がります。

どのように成形するのですか?

ダイヤモンド電着ヤスリやサンドペーパー(C砥粒)で先端を細くするなどの成形が出来ます。
成形方法については、SUPPORTページをご覧ください。

XEBECマイスターフィニッシュ ペンシルタイプ

「XEBECマイスターフィニッシュ ペンシルタイプ」は主にどのような用途に使うのですか?

金型の刻印部など狭細部のバリ取り・研磨に最適です。

「XEBECマイスターフィニッシュ ペンシルタイプ」のホルダーは市販のものが使えますか?

φ0.7㎜とφ1.3㎜の製図用シャープペンシルをそのまま使うことができます。砥石は0.5㎜角、0.9㎜角です。

XEBEC 耐熱砥石

「XEBECマイスターフィニッシュ」との違いは?

バインダーの耐熱温度を200℃まで高め、超音波工具用に最適化することにより、超音波工具使用時に発生する熱への耐久性と研磨効率を上げました。

超音波工具以外でも使えますか?

エアー、電動式の振動工具でもご使用できます。もちろん手作業でも研磨可能です。

ラインナップ(標準品)にはない番手、サイズは製作できますか?

製作することができません。

XEBEC ダイヤ

表面にダイヤがついているのですか?

ダイヤ電着ヤスリと異なり、内部にダイヤモンド砥粒を均一に分散させています。
そのため、先端だけでなく側面(ハラ)の部分でも研磨できます。

どんな素材が磨けますか?

「XEBECマイスターフィニッシュ」では刃が立たないHRC57以上の超硬、焼入れ鋼が研磨できます。
HRC57未満の素材の研磨の場合、「XEBECマイスターフィニッシュ」よりも効率的にスピーディに研磨することができます。

ラインナップ(標準品)にはない番手、サイズは製作できますか?

製作することができません。

XEBEC 弾性砥石

「XEBECマイスターフィニッシュ」との違いは?

ゴム弾性のある柔らかいバインダーを採用しておりますので、
柔らかな材質(銅電極、アルミ金型)でもキズつけることなく研磨できます。

page top