ロボット・専用機を使ったバリ取り・研磨自動化

当社のバリ取り・研磨ツール(バリ取り工具・研磨工具)は、回転速度が制御できる装置で使用できます。
そのため、ロボットでバリ取り・研磨を自動化することが可能で、バリ取りの専用機(バリ取り機)
製作することができます。

下記にロボット導入、専用機設計までのプロセスと、ツール把持・工作物把持について記載しております。


ロボット導入、専用機設計までのプロセス





 

ツール把持・ワーク把持の選択

ツール把持

ロボットにスピンドルを把持させ、スピンドルにツール(工具)を取付け、工作物のバリにアプローチする方法。
サイズが大きい工作物のバリ取りなどにオススメ

以下にJIMTOF2016で実施しました実演動画を用意しております。
ロボット:LR Mate 200iD(ファナック株式会社) スピンドル:NR4040-AQC(株式会社ナカニシ)



工作物把持

ロボットに工作物を把持させ、固定したスピンドルにツール(工具)を取付けて、工作物のバリにアプローチする方法。
加工した工作物を搬出・運搬する時にバリ取りをすることが可能です。



 

スピンドルの選定

スピンドルは、ナカニシ様のブラシレスモーター&スピンドル:E4000シリーズをお勧めいたします。

ナカニシ様 ブラシレスモーター&スピンドル:E4000シリーズについて
ナカニシ様 E4000シリーズのWEBページはこちら。
ナカニシ様へのお問合せはこちら。


page top